読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

Sponsored Links

世にも奇妙な人体実験の歴史-まとめ

「世にも奇妙な人体実験の歴史」トレヴァー・ノートン 著 / 赤根洋子 訳

世にも奇妙な人体実験の歴史

世にも奇妙な人体実験の歴史

という本を読みました.この本は人体実験の歴史を興味深くまとめた本です.人体実験というと多くは医学的なものが多く医学の進歩には多くの先人の努力と犠牲があったのだなと改めて痛感しました.また著者のジョークも大変素晴らしくついつい読みいってしまう本でした.おすすめの一冊です.

この本には医学の知識が多く登場するので基礎医学の復習にもなりました.そして覚えやすいです.以下みー的に印象に残った事項を簡潔にまとめます.

フリードヒリ・ゼルトゥルナー (ドイツ・薬剤師)

アヘンから有効成分を単離する実験によって有効成分をモルヒネと命名した.分析を重ねた結果以下の有効成分を分離した.

  • モルヒネ
  • アドレナリン
  • カフェイン
  • コカイン
  • コデイン
  • エフェドリン

 ヤン・プルキニエ (チェコ・医学生)

ジギタリスは強心剤として広く用いられていたが色覚異常という副作用があった.自らジギタリスを過剰摂取し視覚に関する基本的な観察を行った.これによって検眼鏡開発への道を開いた. セイヨウハシリドコロから抽出されるベラドンナの点眼実験の後ベラドンナの有効成分であるアトロピンが精製された.現在では散瞳薬として用いられている. (散瞳薬:アトロピントロピカミド etc.)

ピエール・フルリュース・トゥエリー

木炭の吸着力を利用して毒物中毒の治療を行う.現在は毒物中毒の治療に活性炭が利用されている.

(以上第3章より)

寄生虫による体重減少

寄生虫によって体重減少が起こることが知られているが栄養分を寄生虫に取られるからではなくサイトカインなどに分泌物が脳に作用して食欲を抑えるからである.

(第5章)

ビタミン欠損症

ビタミンC不足によって壊血病になる.遠洋航海の船員に多く発生.新鮮なレモンなどを食べればよい. 葉酸不足によって巨赤芽球性貧血になる.ビタミンB12と葉酸は赤血球の製造に必要. ナイアシン不足によってペラグラになる.

(第9章)

ルネ・ラエンネック (医師)

聴診器を発明した.病気に特有の心音を聞き分けることで聴診器は診断の主要ツールとなった. 「もしも聴診器が発明されていなかったら自分は医者なんだぞとアピールするために医学生は一体何を首からぶら下げていたことだろう.」

(第11章)

飛行機での減圧

機内の気圧が下がってから30秒以内に酸素を吸入しないと意識を失って昏睡状態に陥るので酸素マスクが天井から自動で降りてきた時は直ちに装着しなければならない.

(第14章)

人間の捕食者

人類は地球上の肉食獣のほとんどすべてを飼い慣らすか撃ち殺してきた.今や自動車が我々の最も恐ろしい捕食者だが我々はこの道路上の大虐殺は日常の危険として受け入れている.

(第15章)