みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

下部尿路機能障害(LUTD)と下部尿路症状(LUTS)

下部尿路機能障害(LUTD)と下部尿路症状(LUTS)についてまとめてみました.

下部尿路機能障害 Lower Urinary Tract dysfunction (LUTD)

蓄尿障害と排尿障害の総称. 下部尿路機能には蓄尿と排尿がありこれが障害されると下のLUTSが自覚症状として出現する.

下部尿路症状 Lower Urinary Tract Symptoms (LUTS)

3つに大きく分類される.

蓄尿症状 (尿を蓄えることが難しく排尿してしまうorしまいそうになる)

  • 頻尿 (夜間頻尿)
  • 尿意切迫感
  • 切迫性尿失禁
  • 腹圧性尿失禁

排尿症状 (排尿時の症状)

  • 尿勢低下
  • 尿線途絶
  • 尿線分割
  • 腹圧排尿
  • 排尿遅延
  • 尿閉 

排尿後症状 (排尿が終了した後の症状)

  • 残尿感
  • 排尿後滴下

障害(D)と症状(S)の違いをしっかりと押さえたいです.LUTSの3つの症状分類はイメージでなんとなく覚えられそう(^^) 分かりやすい分類ですね.