みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

ACE阻害薬と ARB の腎保護作用とは?

ACE阻害薬と ARB は 降圧薬として用いられますが,他の降圧薬と比較して「腎保護作用」という特徴があります.

アンジオテンシンIIは糸球体の輸出細動脈を収縮させる作用があり(アンギオテンシン=アンギオ+テンション=血管の張力を上げる),このため糸球体内圧が上昇します.ACE阻害薬とARBはこれの働きを阻害するために,糸球体内圧の圧力上昇を抑制し,タンパクの漏れだしを抑えることができるからです.

その代わり,輸出細動脈が弛緩することで,腎血流が不安定になり,腎機能(GFR)の低下が起こる可能性があるので注意が必要です.