読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

Sponsored Links

肺区域の覚え方

肺区域は以下のようにS1からS10がある.

  • 右肺
    • 上葉
      • S1:肺尖区
      • S2:後上葉区
      • S3:前上葉区
    • 中葉
      • S4:外側中葉区
      • S5:内側中葉区
    • 下葉
      • S6:上下葉区
      • S7:内側肺底区
      • S8:前肺底区
      • S9:外側肺底区
      • S10:後肺底区
  • 左肺
    • 上葉
      • S1+2:肺尖後区
      • S3:前上葉区
      • S4:上舌区
      • S5:下舌区
    • 下葉
      • S6:上下葉区
      • S8:前肺底区
      • S9:外側肺底区
      • S10:後肺底区 

番号は原則以下のように付けられている.

  • 上葉→中葉(舌区)→下葉
  • 葉の中で上→下
  • 下葉の中は心臓に近い葉から開始して前を通る回り方

これを覚えるには,自分の体で覚えるのがよいそうで,以下のように覚える.

右は,肩(S1),後(S2),前(S3),胸の外(S4)内(S5)内(S6),下(S7)行って前(S8)でぐるっと(S9)後(S10).
左は,肩(S1+2),前(S3),胸の上(S4)下(S5)内(S6),下には心臓(S7なし),前(S8)でぐるっと(S9)後(S10).

と手を当てながら体を押さえるとおおまかな肺区域の場所が分かる.