みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

Sponsored Links

好中球と単球(マクロファージ)の違い

好中球と単球の違いを解説します.

白血球は以下のように分類されます.

  • 顆粒球
    • 好中球
    • 好酸球
    • 好塩基球
  • 単球(マクロファージ)
  • リンパ球

単球は血管内の時の名前で,血管外に遊走するとマクロファージと樹状細胞になります.

好中球とマクロファージは両方とも,「食細胞」と呼ばれ,自然免疫系で活躍するのでごっちゃになりやすいです.

細胞の性質

マクロファージは細菌や死んだ細胞を取り込み,分解産物を抗原としてT細胞に提示する抗原提示能力がある.

好中球は細菌を取り込んで殺菌するが死んだ細胞は取り込めない

細胞の大きさ・見た目

単球は直径20~30µmで切れ込みの入った核を持つ.血球の中で最も大きい

好中球は直径12~15µmで殺菌性顆粒がギムザ染色で染まる.

疾患

単球が優位に上昇する疾患は,(時々)結核,(時々)梅毒,(時々)肝硬変,一部の血液疾患,一部の膠原病などと言われているみたいだが,あまりぱっとしない.

好中球は例えば細菌性感染症できれいに上昇する.