みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

初期臨床研修中のアルバイト

デジタリストブログ 初期臨床研修中の研修医のアルバイト禁止規定についてのメモ に,初期研修中の研修医のアルバイトに関して詳しく書いてあるので,メモ.

要約すると,研修に影響が出ない範囲ならば,勤労によらない所得を得ることはよいそうだ.不動産収入,株,配当金,利子は問題なし.ブログからアフィリエイト収入はグレーゾーンのようなので,研修の最初に病院に確認しないといけないな.

以下,引用.

質問の抜粋

(1) 他の病院での医療アルバイトのみが禁止されるのか(つまり医療関係でないア ルバイトは許容されているのか)。
(2) あるいは(1)に加えて、医療関係のみならず「給与所得」や「勤労による事業所得」 を得る全ての副業アルバイト(例:塾講師、家庭教師、家業の兼業農業による収入な ど)も禁止されるのか(つまり臨床研修病院以外での全ての勤労による所得が禁止 されるのか)。
(3) あるいは(2)に加えて、給与所得のみならず全ての「勤労によらない事業所得 (例:不動産収入など)」なども禁止されるのか。
(4) あるいは(3)に加えて、勤労によらず事業としてもいない「金融による所得(例:株 式売買差益、配当金・利子収入など)」「雑所得(例:講演料、印税、商品モニター謝 礼、為替差益など)」なども禁止されるのか。

回答の抜粋

(前略)新制度の趣旨を十分ご理解いただき、2年間の研修期間中は研修に専念されるよう照会者に対しご指導願います。
(1)不許可である。
(2)不許可である。
(3)自らが不動産収入を得るための労務を行うことなく、自身が所有する不動産等の運営を専門業者に委託するものであれば差し支えないものと判断します。
(4)金融による所得として具体名が上げられている株式売買差益や配当金等は、自身の資産の運用を専門業者に委託することにより生じる利益であるため、アルバイトには該当しないと判断します。
(3)、(4)及びウエブサイト運営による広告収入等は臨床研修の専念義務に支障を来すものであれば当然自粛していただく必要があります。