みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

皮下注射の際にアルコール消毒は不要である

インスリンなどの皮下注射の際はアルコール消毒が広く行われています.実際,いくつかのインスリン皮下注射の説明書きを見ると,皮下注射の前にはアルコール消毒を行うように記載されています.

例えば,ミリオペン®の使い方 STEP 10 を見てください.

f:id:atsuhiro-me:20151208013250p:plain:w300

www.diabetes.co.jp

アルコール消毒に医学的に大きなデメリットはないですが,してもしなくてもよい手技であるということを知ったので,メモしておきます.

皮下注射の前のアルコール消毒をしなくても感染しないということは,1969年の論文*1や,1978年の論文*2に既に記載があり,今ではいろいろなreview articleが見つかります.服の上からインスリン皮下注射をしても感染することはない*3という論文もあります.日本語バージョンの論文で同様の主張のものもあります*4

これらをまとめると,皮下注射レベルでの皮膚バリアの破損は非常に小さく,皮膚の感染を起こすほどの量の細菌が入ることはないということだそうです.インスリン皮下注射には抗菌作用のある物質が含まれているのも要因の1つと考えられています.

つまり,皮下注射の前のアルコール消毒は,したい人はすればよいし,しなくてもなんの問題もないし,服の上から行ってもほとんど問題にならないということです.あとは患者さんの気持ちの問題ということですね.

*1:Dann TC. Routine skin preparation before injection: an unnecessary procedure. Lancet. 1969 Jul 12;2(7611):96-8. PubMed PMID: 4182774. http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(69)92405-2

*2:Koivisto VA, Felig P. Is skin preparation necessary before insulin injection? Lancet. 1978 May 20;1(8073):1072-5. PubMed PMID: 77369. http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(78)90916-9

*3:Fleming DR, Jacober SJ, Vandenberg MA, Fitzgerald JT, Grunberger G. The safety of injecting insulin through clothing. Diabetes Care. 1997 Mar;20(3):244-7. PubMed PMID: 9051365. http://dx.doi.org/10.2337/diacare.20.3.244

*4:http://www.wound-treatment.jp/ronbun-pdf/yoshioka_cyusya_2005-06.pdf