みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

紙カルテ vs 電子カルテ

とある病院にて,医師にとっての,紙カルテと電子カルテのメリットデメリットを聞いたところ,表裏一体な答えが得られた.病院によって事情はさまざまだと思うが,一例としてまとめてみました.

手書き

紙カルテ派 : スペルとか漢字が正しく書けなくても,ゴニョゴニョってごまかして書いたら通じるから便利だね.

電子カルテ派 : ゴニョゴニョと書いてあって人の字の解読が大変.あまりにも読めないと諦めてしまう.

紙の性質

紙カルテ派 : パラパラ~って流し読みができるのがいいよね.

電子カルテ派 : ページが取れたりするとパラパラ~ってどっか行ってしまうので困る.

資源の争い

紙カルテ派 : 電子カルテだとカルテ用PCの奪い合いが起こる.

電子カルテ派 : 紙カルテだとカルテの奪い合いが起こる.

参照しやすさ

紙カルテ派 : 患者さんが検査に行くと紙カルテもついていってしまうので,作業が進まない.

電子カルテ派 : 検査の結果はどこでも見れるので作業が進む.

責任の所在

紙カルテ派 : PSHで「この検査やっておいてー」って言えばいいだけなので楽.

電子カルテ派 : PSHで「先生これ入力しておいてー」って言われるので辛い.

喜ぶ人

紙カルテ派 : 電子カルテにすると喜ぶのは事務でしょ.集計するの楽だし.

電子カルテ派 : 紙カルテでで喜ぶのはキーボード入力が苦手な人でしょ.それぐらい練習しようよ.

誤字脱字

紙カルテ派 : 誤字脱字があってもバレにくい.

電子カルテ派 :コピペするから誤字脱字はほとんどない.

まとめ

結局,紙カルテと電子カルテのどちらが優れているのかは,分かりませんが,これらのいいとこ取りなカルテを発明したら儲かるかもしれません.