みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

頭蓋縫合早期癒合症 (クルーゾン病, アペール症候群) の顔貌

頭蓋縫合早期癒合症は,頭蓋骨の早期癒合が原因で,頭蓋が変形ないし狭小化することです.いくつかの症候群性疾患があり,Crouzon(クルーゾン)病,Apert(アペール)症候群があります.

  • Crouzon 病 : 両側の冠状縫合,矢状・人字縫合の早期癒合 → 塔状頭蓋 → 顔面変形(カエル様顔貌)f:id:atsuhiro-me:20151122234233j:plain:w300
  • Apert 症候群 : 冠状縫合または前縫合の早期癒合 → 塔状or尖頭蓋 → 顔面変形(眼球突出など),左右対称性の合指症,精神発達遅滞

実際の患者さんの写真と上のイラストを対比させるとわかりやすい.

f:id:atsuhiro-me:20151122234235j:plain:w300

(写真 : kostasalexandrou.gr)