読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

Sponsored Links

WDHA症候群の覚え方

血管作動性腸管ペプチド(VIP)の産生腫瘍であるVIPomaによって,WDHA症候群を来します.

水様性下痢 (Watery Diarrhea),低カリウム血症 (Hypokalemia),無酸症 (Achlorhydria) が主な症状なので,頭文字をとってWDHA症候群と名付けられたのですが,Hってhyperだっけ?hypoだっけ?とごっちゃになったり,Aって何がなくなるんだっけ?と混乱しやすいので,正しく覚えましょう.

以下の記事に書いたように,VIPは腸液の分泌を促すホルモンです.

消化管ホルモンの考え方 - みーの医学

したがって,腸液過剰で水様性下痢になり,下痢をすることによって低カリウム血症や代謝性アシドーシスを来します.腸液を分泌する時は胃酸は不要なので,胃酸分泌を抑制して無酸症となります.

簡単な覚え方としては,

VIPが下る

Watery Diarrhea(水性下痢;お腹が下る),Hypokalemia(Kが下がる),Achlorhydria(無酸症; 胃酸量が下がる)

というように覚えておけば,間違えないと思います.