みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

道具

弾性ストッキングの仕組み

うっ滞性皮膚炎や静脈瘤による深部静脈血栓症予防に用いられる弾性ストッキングですが,下肢に圧力を加えるだけではないようです. 本品は、種々の加工法により成型された円柱状(又は筒様)をした形状である。装着部に編み上げた糸の弾力により同心性の圧…

三方活栓の使い方

点滴ルートに注射針なしで薬液が投与できる三方活栓は大変便利です. *1 側方からシリンジで薬液を投与する時,下の(a)の状態で接続してはいけません.必ず,混注部が開放されている状態にします. *2 何故ならば,(a)の状態でシリンジを接続すると,混注部…

曲げる鉗子

マギール鉗子は経鼻気管内挿管を行う時に使用する鉗子です.下の写真のように根本を曲げることで,口の中で操作をする時に視野を確保できるように工夫されています. 根本を曲げる鉗子 → まげーる鉗子 → マギール鉗子 というのが名前の由来です. 本当は麻酔…

縫合糸まとめ

縫合糸には吸収性と非吸収性がある. 非吸収性縫合糸 天然性の綿糸や金属線,合成性のポリアミド(ナイロン),ポリエステル(ダクロン),ポリフルオロエチレン(テフロン)などがある. 天然性よりも合成性の方が抗張力が大きく組織反応が少ない. 糸の形状によ…

手術室にある道具 ガーゼの出血量を測定する

手術時に出血量を測定することは非常に重要であるが,そのためにはガーゼに付着した血液の量を測定しなければいけない.そのために,「カウン太くん」というガーゼに付着した量を測定する装置がある. ガーゼ付着量測定装置 (http://www.mera.co.jp/b01_3.ht…

手術室にある道具 Autotransfusion

Autotransfusion (自己輸血) とは,手術中に出血した血液を回収し,洗浄,濃縮など適切な処理を加え,それを輸血することである.心臓手術など,出血量が多い手術では,このような方法を用いるらしい. 最近ではSorin グループが開発したシリーズが多く用い…

注射を打つ時に便利そうなAccuVain

AccuVainを使うと,光を皮膚に当てるだけで血管が可視化されます.公式サイトを見てください. これがあれば,採血や静脈注射をミスらなくならないと思われる,医者になったら買いたいアイテムとしてメモしておきます,