みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

人工心肺手術にて抗凝固剤はヘパリンを使う

抗凝固剤の有名なものとして,ワーファリン,ヘパリンなどがあります.

人工心肺手術では血栓塞栓の防止のために抗凝固剤を使用しますが,この時はほとんどヘパリンが使われます.

理由は2つあって,プロタミンという拮抗薬があることと,半減期が短いことです.ヘパリンの半減期は大雑把に1時間程度ですが,ワーファリンの半減期は2,3日なので全然違います.人工心肺手術後は抗凝固作用を消さないといけないので,効果を早く止めることができるヘパリンに軍配が上がるわけです.