みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

まぶたを上げる神経支配

眼瞼(まぶた)を上げる筋肉は以下のものがあります.

  • 眼瞼挙筋
  • ミュラー筋
  • 前頭筋

眼瞼挙筋が主な役割を担っていて,ミュラー筋は補助的です.前頭筋は眉毛を挙上するのが主な役割ですが,眼瞼も上げます.

これらの神経支配はすべて異なっていて,

  • 眼瞼挙筋 (動眼神経(3)の運動神経)
  • ミュラー筋 (交感神経)
  • 前頭筋 (顔面神経(7)の運動神経)

となっています.

ミュラー筋の収縮は交感神経支配なので,Horner症候群では眼瞼下垂がおこります.ただ,ミュラー筋は補助的なので軽微な眼瞼下垂となります.

関連事項ですが,ミュラー筋は毛様体筋のことで輪状筋なので,収縮するとチン小帯が弛緩して水晶体は厚くなります.逆に弛緩するとチン小帯が引っ張られて水晶体は薄くなります.

眼瞼の解剖はこちらに詳しいです.

f:id:atsuhiro-me:20120313010657j:plain:w300