みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

治療不要な小児の兆候

小児にはいろいろな兆候が見られることがありますが,自然に治るので治療が不要である,というものもあります.

新生児期

  • 抹消チアノーゼ(多血による)
  • 蒙古斑
    f:id:atsuhiro-me:20151124003309j:plain:w300 *1
  • 生理的黄疸

乳児期

  • イチゴ状血管腫
    f:id:atsuhiro-me:20151124003312j:plain:w300 *2
  • ウンナ母斑
    f:id:atsuhiro-me:20151231211119p:plain:w300 *3
  • サーモンパッチ
    f:id:atsuhiro-me:20151231211332j:plain:w300 *4
  • 軟便 (母乳栄養による)
  • 溢乳 (授乳時に少量を吐き戻すこと)
  • 母乳性黄疸

幼児期

  • 生理的リンパ節腫脹
  • 葉茎の上皮真珠腫 (上皮の迷入で2,3ヶ月で自然消失する)
  • 生理的アデノイド腫脹
  • 夜尿
  • 2/6までの収縮期雑音
  • 呼吸性の不整脈