みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

発汗のまとめ

一口に汗と言ってもいろいろな汗があります.

温熱性と精神性

汗が出る刺激による分類です.

  • 温熱性発汗(thermal sweating) : 暑熱刺激によって
  • 精神性発汗(emotional sweating) : 精神的緊張や情緒の変動によって

温熱性発汗

暑熱刺激によって汗が出ます.手掌,足底を除く体表面全体にみられます.視床下部の体温調整中枢によって発汗量が制御されます.

精神性発汗

精神的緊張や情緒の変動によって汗が出ます.手掌,足底,前額に認められます.大脳前頭葉の情動活動を反映していると考えられています.

「手に汗握る」ということわざがある通り,恐怖,不安,怒りなどによって汗が出るわけです.

エクリン腺とアポクリン腺

汗腺による分類です.

エクリン腺

体表面全体にみられ,主に体温を下げるための汗を分泌します.エクリン腺は、手掌,足底,前額に多いです.つまり,冷や汗をかくところに多いです.

アポクリン腺

芳香腺としての機能がありますが,退化しています.アポクリン腺は,腋窩,乳房,外陰,会陰,肛門に多いです.つまり,あせもができやすい場所に多いです.アドレナリン作動性と考えられています.

まとめると

ヒトの場合,

  • エクリン腺 ≈ 温熱性発汗 = 体温を下げるため
  • アポクリン腺 ≈ 精神性発汗 = 恐怖などのストレスに対して

ということが言えるでしょう.