みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

TS-1は甘いらしい

TS-1(ティーエスワン®)は,胃癌、結腸・直腸癌などの腫瘍に対して用いられる抗がん剤です.

先日,がんの患者さんにTS-1を処方したのですが,「先生,あの薬甘くて飲みやすかったです.抗がん剤は飲みやすいように工夫されているのですね.」と返事がありました.味の感想を初めて聞いたので,「あれは甘いんですか!」と驚いてしまいました.

添付文書で添加物を参照する*1と,

乳糖水和物、ステアリン酸マグネシウム、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム、酸化チタン

が含まれているようです.ステアリン酸マグネシウムは圧縮錠剤製造時の滑剤ですし*2,ゼラチンはソフトおよびハードカプセルの作成に使われます*3し,ラウリル硫酸ナトリウムは界面活性剤,酸化チタンは白色顔料*4です.乳糖の味で甘いのだと思われます.

抗がん剤を自分で試し飲みするのは非現実的ですから,医者は味を知ることはできません.添付文書やインタビューフォームに味の記載があれば説明しやすいな,と思いました.