みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

血小板疾患の整理

血小板疾患は以下のように分類できる.

  1. 出血性疾患(出血傾向)

    1. 血小板障害:血小板機能異常,血小板数の減少
    2. 凝固系障害:凝固因子の低下・欠損,抗凝固因子の存在
    3. 線溶系障害:線溶系の異常亢進
    4. 血管障害:血管透過性亢進,血管壁の脆弱性
  2. 血栓性疾患(血栓傾向)

    1. 先天性:抗凝固因子の欠損
    2. 後天性:多発性微小血栓形成,抗リン脂質抗体陽性,動脈硬化