みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

輸血の交差試験と副交差試験の覚え方

輸血の交差試験と副交差試験はどっちがどっちかわからなくなるので,整理してみます.

主試験とは,患者の血清中に製剤の血球に対する抗体があるかどうかを調べる試験です.

副試験とは,製剤の血清中に患者の血球に対する抗体があるかどうかを調べる試験です.

赤血球含有製剤はほとんどが血球成分なので,患者の血漿と輸血製剤の血球が反応するとまずい.→試験

逆に血漿成分はほとんど除かれているので,患者の血球と輸血製剤の血漿が反応しても大きな問題にはならない.→試験

量がたくさんあって万一のミスで重篤化しやすいために試験と言われています.