みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

カロー三角(Calot's triangle)の語呂合わせ

カロー三角(Calot's triangle)とは,胆嚢管総肝管肝臓下縁で囲まれた部分を示します.なぜ重要かというと,ここを75%の人で胆嚢動脈が通過するので外科手術の目印となるからなのだそうです.

カローさん,壮観な火炎を堪能してはどうか.

カローさん(カロー三角),壮観(総肝管)な火炎(肝臓下縁)を堪能(胆嚢管)してはどう(動脈)か.

かろーさんに,「むっちゃすごい炎を楽しんで来てはいかが?」と提案しているシーンをイメージしてくだだい.

胆嚢動脈は,堪能してはどうかとくっつけます.

クリクラで肝臓の手術の見学があると,必ず聞かれる知識なので,サクッとゴロ合わせで覚えましょう.