みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

ストーマとお風呂

人工肛門とは,大腸を腹壁に固定し,自然肛門のかわりに糞便を排泄させる目的で完全腸瘻として開口させたものである.直腸癌の治療のために作成されることが多い.

人工肛門など,手術によって腹壁に造られた排泄口のことをストーマといい,小腸のストーマと大腸のストーマ(=消化管ストーマ)と,尿路ストーマがある.

ストーマには排泄物を蓄える機能はないので,装具によって排泄の管理を行う.

現在は手術の改善,装具の改良,社会的なサポートの改善によって,多少の不便はあるものの以前とほとんど変わらない日常生活を送ることができるとされている.

例えば入浴をする時に装具をつけている必要はない.なぜならば,腹圧の方が水圧よりも大きいために,湯船の水が腸内に逆流しないのである.また,最も多い合併症である皮膚障害を予防するために入浴でストーマ周囲を清潔に保つことは重要とされている.

参考: 日本オストミー協会 [サイト]