みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

急性心筋梗塞のマーカーのゴロ合わせ

急性心筋梗塞では,虚血により心筋壊死が起こり,逸脱酵素が複数血中に現れます.

特に心筋に特異的なトロポニンTとCK-MBの血中濃度が上昇していれば,診断価値が高いです.

時系列では,以下のように変化します.

f:id:atsuhiro-me:20151223134129p:plain:w300 *1

ポイントは,

ミオグロビン → WBC → トロポニン → CK → AST → LDH

という順番で濃度が上昇するということです.

ゴロ合わせは,わりと有名ですが,

見張っとく気ある?

見(ミオグロビン)張っ(白血球)とく気(CK)あ(AST)る(LDH)?

心筋の虚血を監視するミオグロビンら監視員が,ちょっとさぼっているところを,上司が目撃して,「(心筋を)見張っとく気ある?」とお説教している様子をイメージして覚えます.

*1:中山内科学書より