みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

呼吸と嚥下と発声の関係

喉頭癌では喉頭全摘出をすることがあります. これによって発声機能が失われる(=話せなくなる)ので,食道発声や人工喉頭など代替音声を利用するのですが,どうしてこのような術式をとるのかをメモしておきます.

喉頭周辺の機能に関して,

呼吸 > 嚥下 > 発声

という優先順位があります. 呼吸ができなくなったら死んでしまいますので最重要ですね.嚥下ができないと食事ができません.胃瘻をすればよいかもしれませんが,それよりは代替音声の方がましみたいです.

もちろんこの順位は人によって入れ替わることがあるかもしれませんが,原則はこのようになっているみたいです.