みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

補体価が低下する疾患のゴロ合わせ

補体価が低下するのは以下の疾患です.

  • 補体の消費亢進
    • 腎不全
      • 急性糸球体腎炎
      • ループス腎炎
      • 膜性増殖性糸球体腎炎
      • コレステロール塞栓症
    • 自己免疫性疾患
      • 全身性エリテマトーデス(SLE)
      • 悪性関節リウマチ(MRA)
      • 混合性結合組織病(MCTD)
      • 自己免疫性溶血性貧血(AIHA)
      • 遺伝性血管浮腫
      • 血清病
    • 感染症
      • エンドトキシンショック
    • DIC
  • 補体の産生低下
    • 肝硬変
      • 劇症肝炎
      • C型肝炎
    • 補体成分欠損症

消費亢進と産生低下にわけて覚えます.

ゴロ合わせは,

包帯を糸でループに巻くぞう

包帯を(=補体低下)糸で(=急性糸球体腎炎)ループに(=ループス腎炎)巻くぞう(=膜性増殖性糸球体腎炎)