みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

デキサメタゾンの類似薬

デキサメタゾンはステロイド薬として有名ですが,類似薬がたくさんあるので整理してみました.

デキサメタゾンにどのような性質を持たせるかを工夫し,様々な商品として販売されています.多様な薬があるのは,治療選択がたくさんるので便利な反面,いざどの薬を使えばよいのか分からないという欠点でもあります.

水への溶けやすさでざっくりと分類できます.エステルは脂溶性のため,水に溶けにくいです.そのため,外用薬などとして利用されます.それに対してナトリウム塩は水溶性のため,点滴などとして利用されます.ただし一部例外があります.

エステル

デキサメタゾン

f:id:atsuhiro-me:20200522222037p:plain:w360

水にほとんど溶けない性質です.そのため,錠剤や眼軟膏,外用薬などとして販売されています.

  • サンテゾーン0.05%眼軟膏
  • デキサメタゾン眼軟膏0.1%「ニットー」
  • アフタゾロン口腔用軟膏0.1%
  • デキサメタゾン軟膏口腔用0.1%「CH」
  • デキサルチン口腔用軟膏1mg/g
  • デルゾン口腔用軟膏0.1%
  • デカドロンエリキシル0.01%
  • デカドロン錠0.5mg
  • レナデックス錠4mg
  • デキサメタゾンエリキシル0.01%「日新」
  • オイラゾンクリーム0.05%
  • デキサメゾン軟膏0.1%「イワキ」
  • デキサメタゾン軟膏0.1%「イワキ」

なお,デキサメタゾンを「デキサメゾン」という商品名で販売するのはとてもややこしいです.

デキサメタゾンシペシル酸エステル

f:id:atsuhiro-me:20200522222254p:plain:w360

水にほとんど溶けない性質です.そのため,噴霧用カプセルとして販売されています.

  • エリザスカプセル外用400μg

デキサメタゾンプロピオン酸エステル

f:id:atsuhiro-me:20200522222704p:plain:w360

水にほとんど溶けない性質です.そのため,外用薬として販売されています.

  • デキサメタゾンプロピオン酸エステルクリーム0.1%「ラクール」

デキサメタゾンパルミチン酸エステル

f:id:atsuhiro-me:20200522223027p:plain:w360

水にほとんど溶けない性質ですが,添加物などが工夫されており,注射薬として販売されています.

  • リメタゾン静注2.5mg

デキサメタゾン吉草酸エステル

f:id:atsuhiro-me:20200522223412p:plain:w360

水にほとんど溶けない性質です.そのため,外用薬として販売されています.

  • ボアラ軟膏0.12%
  • ボアラクリーム0.12%

デキサメタゾンプロピオン酸エステル

f:id:atsuhiro-me:20200522223541p:plain:w360

軟膏などの外用薬として販売されています.

  • メインベート軟膏0.1%
  • デキサメタゾンプロピオン酸エステルクリーム0.1%「日医工」
  • メサデルムクリーム0.1%
  • プロメタゾン軟膏0.1%
  • デキサメタゾンプロピオン酸エステル軟膏0.1%「ラクール」
  • デキサメタゾンプロピオン酸エステル軟膏0.1%「MYK」

ナトリウム塩

水に溶ける性質を利用した剤形として販売されています.

デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム

f:id:atsuhiro-me:20200522222130p:plain:w360

水に溶けやすい性質です.そのため,耳鼻眼科用と注射薬として販売されています.

  • オルガドロン点眼・点耳・点鼻液0.1%
  • テイカゾン点眼・点耳・点鼻液0.1%
  • オルガドロン注射液1.9mg
  • デカドロン注射液1.65mg
  • ソルコート静注液100mg
  • デキサート注射液1.65mg

デキサメタゾンメタスルホ安息香酸エステルナトリウム

f:id:atsuhiro-me:20200522222832p:plain:w360

水に溶けやすい性質です.そのため,点眼薬として3つの商品名で販売されています.

  • D ・ E ・ X点眼液0.02%「ニットー」
  • サンテゾーン点眼液(0.02%)
  • ビジュアリン点眼液0.02%

まとめ

デカドロンやレナデックス,デキサートは商品名として有名ですが,デキサメタゾンとの関係を意識することで分かりやすくなります.

(この記事は掲載されている添付文書より情報をまとめました.)