みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

Apgarスコアのゴロ合わせ

Apgar (アプガー) スコアは,皮膚色心拍数刺激に対する反射筋トーヌス呼吸の5項目で分娩直後の新生児の状態を評価します.

本当はApgar先生が考えた評価法なのですが,評価項目の頭文字にもなっています.

  • A: Appearance 皮膚色
  • P: Pulse 心拍数
  • G: Grimace /gríməs/ 刺激に対する反射
  • A: Activity 筋緊張
  • R: Respiration 呼吸
0点 1点 2点
(A)皮膚の色 全身が蒼白
全身が青紫色
身体が淡紅色
四肢にチアノーゼがみられる
先端チアノーゼ
全身が淡紅色
チアノーゼがみられない
(P)心拍数 < 60 60 - 100 > 100
(G)反射 反応しない 顔をしかめる
弱く泣き出す
強く泣く
くしゃみや咳がでる
(A)筋緊張 弛緩 少しだけ四肢を動かす 活発に四肢を動かす
(R)呼吸数 呼吸しない 弱い or 不定期 強く呼吸する

それぞれが2点なので,10点満点です.

生後には,1分後と5分後のApgarスコアを判定し,x点(1分)/ y点(5分)と記載します.

この点数が高ければ高いほど元気です。大きく分類するには,以下のように表現します.

  • 0~3点 : 重症仮死
  • 4~6点 : 軽症仮死
  • 7~10点 : 正常

ゴロ合わせは,

赤ちゃん,死なないで!

です.死な(=47)