みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

大病院の検査室のシステムの美しい風景

大病院の検査室では1日に1000単位の血液検体の検査を行うみたいで,そのための設備は工場みたいで圧巻です.

f:id:atsuhiro-me:20151122234300p:plain:w300 *1

f:id:atsuhiro-me:20151122234302j:plain:w300 *2

f:id:atsuhiro-me:20151122234304j:plain:w300 *3

血液検体はラインの上を移動していき,全自動で適切な検査機器のところまで運ばれ,検査をし,回収される.模式図はこんな感じ.

f:id:atsuhiro-me:20151122234306j:plain:w300 *4

こんなふうに検査をしたり...

f:id:atsuhiro-me:20151122234308j:plain:w300 *5

こんなラインを通る.

f:id:atsuhiro-me:20151122234313j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234316j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234319j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234323j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234328j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234331j:plain:w300

f:id:atsuhiro-me:20151122234333j:plain:w300

実際の動画.Inpeco社のFlexLab

02 TRACK_I.mp4 - YouTube

もちろん検体を遠心分離して,血清の検査も全自動でやってくれるので便利そう.また,いろいろな会社の検査機器と接続できるようになっているので,自由なシステムが作れるみたい.

採血した自分の血液がこうやって検査されるのだと思いをはせよう.