読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みーの医学

医学生の「みー」が,医学に関してまとめています. 2016年3月に110回医師国家試験に合格しました.

このブログでは,みー(=運営者)は医学的助言を一切おこなっていません.情報の利用は自己責任でお願いします.間違いや意見がありましたら,該当記事のコメント欄に書き込んでください.

トップ / 記事一覧 / カテゴリ / はじめに / ゴロ合わせ一覧

Sponsored Links

2次リンパ組織(扁桃とリンパ節と脾臓とMALT)の違い

2次リンパ組織である扁桃,リンパ節,脾臓とMALTの違いをまとめました.

扁桃

扁桃は咽頭の2次リンパ組織の集合である免疫器官です.5,6歳が最も大きく,思春期までに退化します.子供の免疫力の一部を担っていると考えられています.扁桃腺切除手術などがある通り,切除してもあまり問題がないとされています.

f:id:atsuhiro-me:20080213153409j:plain:w300

(1:舌, 2:口蓋扁桃, 3:口蓋垂,4:口蓋)

f:id:atsuhiro-me:20090611230945j:plain:w300 *1

入口が陰窩である点が特徴です.

リンパ節

抗原提示細胞に捕捉された抗原が,輸入リンパ管から入って,T細胞に提示される場所です.

f:id:atsuhiro-me:20151203014228j:plain:w300 *2

入口も出口もリンパ管です.

脾臓

血行性に運ばれる抗原に反応する,免疫応答の場所です.

f:id:atsuhiro-me:20151203014722p:plain:w300 *3

入口も出口も血管です.

粘膜関連リンパ組織 (MALT)

粘膜から侵入する抗原に対して免疫応答し,腔内にIgAを分泌する場所です.

f:id:atsuhiro-me:20151203015511p:plain:w300 *4

入口は粘膜です.

まとめ

器官 入口 出口 標的
扁桃 陰窩 輸出リンパ管 咽頭の病原体
リンパ節 輸入リンパ管 輸出リンパ管 抗原提示細胞の提示する抗原
脾臓 脾動脈 脾静脈 血行性の病原体
MALT 粘膜面 輸出リンパ管 管腔から侵入する病原体

いろいろな場所の抗原に応答するために複数の種類の2次リンパ組織が存在するわけです.