みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

Intelの脆弱性「MDS」

2019年の5月に,IntelのCPUに関する新たな脆弱性が報告され,Microarchitectural Data Sampling (MDS)と名付けられたそうです.

On May 14, 2019, Intel and other industry partners shared details and information about a new group of vulnerabilities collectively called Microarchitectural Data Sampling (MDS). *1

造血幹細胞に変異が起きる病気として髄異形成症候群(MDS)が存在すること,IntelのCPUに根本的な脆弱性があることが,とても類似しています.

可能ならば,MDSのセキュリティーパッチの名前はAZAにして欲しいです(骨髄異形成症候群の治療薬であるアザシチジンの略称).