みーは血液内科医 (みーの医学)

2016年3月に110回医師国家試験に合格し,初期研修を終え,現在は血液内科医として働いています.医療従事者のためのWebサービスであるLafLaboを開発しています.

抗生剤が無効の発熱

「50歳の男性で,骨髄腫の治療を受けている患者さんが発熱し,CZOP*1を投与しましたが解熱せず,抗菌薬無効です.よろしくご加療ください.」と紹介状をいただいたので診察したところ,症状は発熱・咽頭痛・鼻汁・喀痰・咳嗽・関節痛で,咽頭発赤あり,念の為に胸部レントゲンを確認しましたが異常所見なく,典型的な感冒でした.抗生剤は変更せずに*2アセトアミノフェンで経過をみたところ,自然に解熱し元気になりました.

抗生剤は感冒に対しては無力である*3ことを痛感した一例でした.

*1:ファーストシン

*2:抗生剤を中止するという意見もあると思いますが,易感染性宿主だったので念の為継続としました.

*3:「感冒に対しては、抗菌薬投与を行わないことを推奨する」厚生労働省 抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 より